2023年12月14日 第97回日本薬理学会において高知大学医学部薬理学講座とO-Force合同会社はシンポジウム「短鎖ペプチドを用いた凝集性タンパク質を原因とする神経変性疾患治療薬開発の可能性」を計画・発表しました。

講演要旨(該当箇所をクリックして下さい)

Symposium 19: Drug discovery research on short peptide drugs for neurodegenerative diseases caused by aggregated peptide 

  1. The discovery of JAL-TA9 which cleaves amyloid-β with proteolytic activity
  2. Effects of JAL-TA9 on cognitive deficits in Aβ25-35-induced Alzheimer’s disease model mouse
  3. Delivery of JAL-TA9 to the brain by nasal application
  4. Possibility of short synthetic peptides with activities of suppressing amyloid-β aggregation and resolving its aggregated form as therapeutic drugs for Alzheimer’s disease

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です